社員を知る

インタビューを通して、ビーフルの社員をご紹介します。

INTERVIEWEE

  • 千坂
    25年目 部長
  • 石田
    14年目 SE
  • 加藤
    12年目 SE
  • 佐藤
    9年目 SE
  • 野村
    6年目 PG
  • 今野
    2年目 PG

  • 石田
  • 自治体ソリューション部
  • 2008年入社
  • 業界経験年数13年
  • 趣味:家族と過ごす,買い物

  • ◆ビーフルってどんな会社
  • まだ人は少ないですが、その分小回りが利くため、フットワークが軽い集団と思っています。システムを使って頂く側のお客様を常に意識しています。また、仕事外での取り組みに対しても、成果に見合った先行投資もしてくれます。伸び代・やる気・チャレンジへの投資は惜しまない会社です。人の面で言うと、よくも悪くも上司の個性が濃すぎですね。その個性に引っ張られ、続く部下たちもそれぞれ持ち味を取得・伸ばしています。評価についても、その持ち味含めきっちりと評価してくれます。
  • ◆ビーフルを選んだ理由
  • 今の社長には昔から大変よくしていただきました。前の会社の上司が今の社長で、当時は入って間もないうちから色々な仕事の経験をさせてもらいました。部下を守る思いも強く感じ、またチャンスを多々与えてくれ、またそれに応えて仕事をしていきたいという意思が強かったことが理由ですね。
  • ◆現在の仕事内容(大変だったこと、嬉しかったこと)
  • 今は仙台から離れ千葉県で、開発パッケージの保守、現地導入支援、エンドユーザーへの説明、新しいビジネスパートナーの開拓支援等の立場で作業を行っています。他にも、流行のマイナンバー対応にも関わっています。最近では特にですが、パッケージ導入ユーザーの現地支援ということで関東から甲信越・関西方面にも足を伸ばしており、移動に作業にとテンヤワンヤです。ただ、エンドユーザと関わる仕事が多くなってから、使う側の立場、導入する側の立場等を意識することが多くなり、人間的にも成長できたと考えています。仕事をする上で大変なことは、やはり人の管理ですかね。仕事をしていく上で、モチベーションの管理は大きな課題です。例えば作業に対する指摘に対してふてくされていないか?言われた作業に対して目的を理解せず淡々と行っていないかなど、人それぞれ考え方・仕事のやり方が違うので、まとめるのが大変です。自分の作業が上手く進んでいないとき程、難しさは上がりますが、仕事が多いほど乗り越える楽しさもあるし、遣り甲斐が感じます。特に頑張った結果、自分が携わったシステムがユーザーから評価され、その評価を聞けた時はうれしいですね。
  • ◆今後ビーフルで挑戦してみたいこと
  • プロジェクトマネージャーとしての職務に挑戦していきたいですね。まだまだやれていない事は多くありますが、部下の育成も含めて全員が成長できるようなプロジェクト環境を続けていけるようになりたいですね。
  • ◆ビーフルに入ろうとしている人へのメッセージ
  • 「その向上心、高く買います。」